個人事業主にオススメのクレジットカードはAMEX(アメックス)!

AMEX(アメックス)の個人事業主向けメリットを徹底解説!

AMEXのサブカードには楽天カードがオススメ

AMEXのサブカードには「楽天カード」をオススメします。
AMEXのサブカードの条件として「個人事業主のサブカード」で
・年会費無料
・VISAカード
・個人事業主でも審査に通りやすい
の3つを挙げていますが、楽天カードはその全てに該当します。

かつ、カード発行当初の利用限度額も比較的大きいため、緊急時・万一の際に備えるサブカードとして最適です。

楽天カードの魅力

楽天カードの魅力は、ずばり、
・入会当初の利用限度額も大きい
・審査に通りやすい
の2点です。

・年会費永年無料
・VISAカードが選択可能
という2点を満たすカードは無数に存在します。

実際、楽天カード(VISAのレギュラーカード)は、個人事業主でも
・入会当初の利用限度額40万円
・即日審査通過(収入証明などの提出なし)
でした。

#賃貸、独身、固定電話なし、個人事業主として開業1年という属性情報は悪条件です。ただし、いわゆるクレジットヒストリーは綺麗です。
#利用可能限度額は、自己申告した年収やクレジットヒストリーなどに大きく依存します。

入会当初の利用可能限度額

私のような一般的に信用力が低いと言われる個人事業主では、そもそも銀行系のクレジットカードでは審査落ちする場合もあり(実際、私はSBIカードに審査落ち経験有り)、その上で発行されたカードの利用可能限度額も低くなりがちです。

しかし、サブカードの位置付けは、緊急の支出や、万一メインカードでカバーし切れない支払いが発生した際のための「備え」です。

したがって、限度額20万円では話しになりません、、、相応の利用限度額が設定されているからこそサブカードとしての価値があります。

また、あくまでも「サブカード」ですので、普段の支払いを行うわけではないので、
・ポイントの還元率
・付帯の保険
・カードのステータス
などを気にする必要もありません。

そのため、相応の利用限度額を当初から設定してくれる「楽天カード」はAMEXのサブカードとしてうってつけと言えます。

#重ねて書きますが、利用限度額については個人差があります。

#個人事業主好きと言われるアメックスですが、現在メインカードにしているANAアメリカン・エキスプレス・ゴールドカードの限度目安が入会当初は50万円でしたので、レギュラーで40万円というのは「甘い」という印象です。

 

サブカードを持っていない/探している方には、年会費無料・審査が通りやすく・利用限度額も大き目の「楽天カード」がオススメです。
◎関連ページ:
個人事業主のサブカード
個人事業主のサブカードとして不向きなクレジットカード
アメックスは個人事業主でも審査通過しやすい
アメックスの利用限度額