個人事業主にオススメのクレジットカードはAMEX(アメックス)!

AMEX(アメックス)の個人事業主向けメリットを徹底解説!

アメックスのサブカード

当サイトでは、メインカードとしてアメックス(AMEX)、特にゴールドをオススメしていますが、同時にサブカードの用意もオススメします。

場合によっては、サブカードは2枚あっても良いくらいです。

アメックスにサブカードが必要な理由

当サイトでは、個人事業主のメインカードとしてアメックス(AMEX)、特にゴールドをオススメしています。

◎関連ページ:個人事業主にアメックス(AMEX)をオススメする3つの理由

しかしながら、カード発行直後は利用限度額が低い場合があります。ネット上のクチコミなどを見ると20万円という例もあるようです。

これでは、プライベートの支払いと事業性の支払いをカバーし切れない可能性があります。

また、支払いサイクルが悪い条件の売上が発生した場合、重なった場合や、プライベートで大きな支払いが発生した場合など、万一、メインカードでカバーし切れない支払いが発生した際のために「サブカード」を用意しておくことをオススメします。

また、稀にアメックスが利用できないECサイトや店舗が存在するため、そういったイレギュラー対応も目的の一つです。

サブカードの条件

サブカードのオススメ条件は、非常にシンプルです。

「年会費が無料」で「VISA」であることです。

年会費無料が望ましい理由

あくまでもサブカードであり、年会費を支払うメリットがないためです。

具体的には、メインカードをアメックスにしている限り、付帯サービスは一般的なクレジットカードより高水準ですので、サブカードに付帯サービスの水準を求める必要性はありません。

また、サブカードの利用は定常的に発生しないと思われますので、いくら還元率が高くても年会費分に達しない可能性が高いと考えられます。

#厳密には、「年会費無料のクレジットカードの還元率」と「年会費が有料のクレジットカードの還元率」の「差」が精々1%程度ですので、その「還元率の差」でプラスになったポイントが年会費を超過しないと実質的に損をしてしまいます。

VISAが望ましい理由

アメックスを利用できないECサイトや店舗も存在するため、そういった場合でも決済に対応している可能性が高いカードとして「VISA」をオススメしています。

「JCBでも良いのでは?」という疑問もあると思いますが、実は、アメリカンエキスプレスとJCBは異本国内で提携しており、JCB加盟店ではアメックスも利用可能です。

#一部ECサイトなどで、そもそもクレジットカード情報の入力フォームがアメックスに未対応のため、JCB加盟店でもアメックスを利用出来ない場合はあります。

そのため、JCBよりもVISAの方が「アメックスが使えない時のカバー率が高い」と言えます。

オススメのサブカード

■オススメ(1):楽天カード


いわずと知れた楽天カード。レギュラーカードは年会費無料です。
当サイトの「オススメNo.1のサブカード」です。

◎関連ページ:個人事業主のサブカードには楽天カードがオススメ

■オススメ(2):年会費永久無料のエポスカード


魅力は年会費が「永久無料」という点です。

■オススメ(3):イオンカード


こちらも年会費無料が魅力です。

 

ショッピング系のクレジットカードをピックアップしました。
#なお、銀行系のクレジットカードは審査が厳しいと言われており、個人事業主には余り相性が良くない可能性があります。これに対して、AMEX(アメックス)は個人事業主や経営者が好きと言われており、個人事業主でも審査に通りやすいと言われています。

◎関連ページ:
個人事業主のサブカードとして不向きなクレジットカード
個人事業主のサブカードには楽天カードがオススメ
個人事業主にAMEXをオススメする3つの理由
AMEXには利用限度額がない?
AMEXの利用限度額を上げるには?